読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブックエンド

本と本のあいだのあれ

『ノーライフキング」

およそ2ヶ月ぶり。

ちょっとした読書お休み期間。

 

佐々木中からの流れで、いとうせいこうの『ノーライフキング

ノーライフキング (河出文庫)

ノーライフキング (河出文庫)

 

 本当にたくさんの人が名作として、この本を紹介していて驚く。

そしてまたその解釈について、質問投稿サイトに投げられるのだから凄まじい。

 

確かに読んでいて、とても不思議な感じがした。間違いなく古いんだけど、それを感じさせない何かがあった。単にデマが自然増殖していくその様が今につながっているだけではなく、全くもって説明できないのだけど。

 

まだ読む力が足りていないのか、自分にとってはまごうことなき迷作。