読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブックエンド

本と本のあいだのあれ

『アルケミスト 夢を旅した少年』パウロ・コエーリョ

『アルケミスト 夢を旅した少年』

 

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)

  • 作者: パウロコエーリョ,Paulo Coelho,山川紘矢,山川亜希子
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 1997/02
  • メディア: ペーパーバック
  • 購入: 65人 クリック: 692回
  • この商品を含むブログ (235件) を見る

 

手にとった時期は不明。

何かの本で、「読むべき本」みたいな紹介に誘われたうっすらと

した記憶。

 

以下、背表紙より。

---

羊飼いの少年サンチャゴは、アンダルシアの平原からエジプトのピラミッドに向けて旅に出た。そこに、彼を持つ宝物が隠されているという夢を信じて。

長い時間を共に過ごした羊たちを売り、アフリカの砂漠を越えて少年はピラミッドを目指す。

「何かを強く望めば宇宙のすべてが協力してくれる」「前兆に従うこと」少年は、錬金術師の導きと旅のさまざまな出会いと別れの中で、人生の知恵を学んでいく。

欧米をはじめ世界中でベストセラーとなった夢と勇気の物語。

---

ここまで。

 

だいぶスピリチュアルだし、「引き寄せの法則」とかそういうのにも近いし、形としては少なくない、少年の旅を通した人生の教訓を伝える、一冊。

 

何というか爽やか。字が大きめで読みやすいのと、主人公の少年が嫌味ないほどに素直なので、読みやすい。ここから教訓を獲れるかは分からないけど。

 

仕事と仕事の合間、ちょっとした小旅行の移動中に読み直したい。もちろん他にも何冊かもっていくけど。